新品せどりと中古せどり~せどりの種類と特徴を比較

先日は、「せどりとは何か?」という事や、

「ビジネスとしてのせどりの特徴」をこのブログで取り上げました。

せどりとは何か?その説明と解説をわかりやすくお届けします。その歴史や、せどりの種類、現在の状況や、「なぜ、せどりで利益がでるのか」という疑問に答える内容となっています。
せどりというビジネスの特徴と、そのメリット・デメリットを分かりやすく紹介します。主なメリットは「誰でも出来る」「結果がでやすい」「即金性がある」「いろいろな種類のせどりがある」等です。デメリットとしては「参入障壁が低く、競争過多に陥りやすい構造」「労働収入である」等が挙げられます。

さて今日は、もう少し踏み込んで、「せどりにはどんな種類があるのか?」という内容の話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク
sedoribig

新品せどりと中古せどり~それぞれの特徴を比較する

せどりを、扱う商品のコンディションで分類した場合、「新品せどり」と「中古せどり」の2つに大別できます。

中古せどり

もともとせどりとは、古本の転売から端を発した言葉であることは、皆さんもよく知っていらっしゃると思います。

古本は中古ですから、当初せどりといえば、「中古品を扱う」というような認識がありました。

現在、本以外にもCD・DVD・GAME・ おもちゃなどから、家電やカメラパソコンに至るまで、ありとあらゆるジャンルの中古せどりが、幅広く行われています。

中古自動車の販売(転売・ せどりとやっている事は同じですね)や中古の厨房機器の販売など、規模の大きなものは、立派なビジネスとして確立していますね。

リサイクルショップを個人で、店舗無しでネットで行えば、「せどらー」といった感じでしょうか。

それでは、中古せどりのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

メリット

1.利益率が高い

中古せどりのメリットの代表的なものがこれです。例外はあるものの、概ね新品せどりに比べ、中古せどりは利益率が高いです。

もちろん中古品を非常に高い値段で販売するお店もありますが、逆にただ同然で仕入れられるお店もあったりして、とても面白いところです。

そして、リサイクルショップでも、あるジャンルの商品はとても高いのに、違うジャンルの商品は、値付けが非常に安い。そういったことが多々あります。

当然私たちせどらーは、アマゾンの相場より安いものしか仕入れ(購入) できないわけで、中古せどりで、 この「相場より安く仕入れる」ということを繰り返していると、後から振り返ってみた時に、「利益率高いな。」という結果になることが多いです。

2. 安定感がある

これは、後であげるデメリットと表裏一体なのですが、中古の仕入れは基本的に一点物ばかりです。同じ商品を何度もリピートして仕入れをする、という事はあまりありません。

中古なので、同じ商品でも使われ方によってコンディションが激しく異なり、全く同じものはただ一つとして存在しないのです。

なので中古で、在庫を持つ場合、基本的には1点物を数多く揃えることになります。

そのため、例えば一つの商品が暴落してしまったり、全く売れなくなったりしても、在庫全体で見たときの影響は、非常に低く、リスクに強いわけです。

逆に新品では、全く同じ商品を100個仕入れた場合、万一それが売れなかったり、相場が暴落してしまえば、受けるダメージは、それなりに大きいわけです。

そういった意味で、中古品を扱っていて、かつ在庫力があるせどらーは、比較的リスクに強く、安定感のあるビジネス運営ができると言えます。

3.伝家の宝刀「買取り」

中古せどりの大きなのメリット・可能性が、「買取」です。

買取とは、店舗から購入するのではなく、直接、消費者(一個人) から、 不用品などを

買い取って、仕入れをすることです。

個人がこの買取を行うためには、古物商の認可を取得することが必要になってきますが、 もしも買取を自分でできるようになると「店舗から仕入れなければならない。」という、大きな縛りから抜け出せる訳です。

間を仲介する業者が、一つ減るわけですから、さらに利益率の向上が見込めます。もちろん買取の難しさや、デメリットもありますが、 これは大きな可能性を秘めた、中古せどりのオプションの一つだと思います。

デメリット

さて今度は、中古せどりのデメリットについても考えてみましょう。

1. 商品が1点物のため、リピート仕入れ・ 大量購入が難しい

さて先ほど、申し上げました通り、中古での仕入れは、基本的には、一点物ばかりになっていきます。

新品の仕入れの様に、「同じ商品を10個仕入れて販売する。」とか、「全部売れてしまい在庫がなくなったので、さらにもう5つ同じ商品を買い足す(リピート仕入れ)」というやり方は出来ません。

もちろんそれが故に、中古せどりはリスクが低く安全性が高いのですが、利益を一気に増そうと思った際に、「新品せどりの方が、労力が少なくして、爆発力がある。」といった事もあります。

2.手間がかかる

「検品てしんどいわ~」

中古商品は、仕入れた後に「検品」と「クリーニング」が欠かせません。

例えば本ならば、中をチェックして、書き込みやアンダーラインなどがないかどうか?

おもちゃならば、付属品は全部揃っているかどうか?

といった検品作業。そして出荷前に、商品のほこりを落としたり、汚れを目立たなくするためのクリーニング作業が必要です。

これらの作業は思った以上に手間がかかり、とても大変です。

新品せどり

さて、今度は、新品せどりの特徴について考察してみましょう。

メリット

1.検品・クリーニングの手間がほとんどいらない。

一見すると大した事は無さそうですが、これ、実はかなり大きいです

せどりって、一つ一つの作業は、小学生でもできるほど簡単なことが多いのですが、その簡単な作業が、とても沢山あるため、意外と時間がかかるのです。

私は、元々は中古本のせどりからスタートしたので、扱う商品を新品メインに切り替えた時、その検品とクリーニングの「楽さ」に感動したのを覚えています。

新品なので、付属品は当たり前ですが、全部揃っています。有難いですね。

ただ、店舗仕入れの場合、実際にお店に並んでいた商品を購入してくるわけで、たまにお客さんが開封してしまっているものもあります。

そういったものを売ると「開封済みの商品で、新品ではなかった。」などのクレームが入ってしまうこともあるので、注意しなくてはいけません。

開封品は、よく観察すると「これ、何かおかしい。」というような、直感的(第六感的な?)な違和感を感じられるようになりますので、慣れて来れば、 ほぼ避けることができます。

ですので、新品商品でも最低限の検品は必要ですが、中古にかかる労力とは比べ物になりません。

2.同じ商品を複数買いできる。リピート仕入れができる。

これも新品せどりの大きなメリットの一つです。

中古では、なかなか同じ商品を何個も購入するということは難しいのですが、新品の場合はこれができます。

私も、8割引で投げ売りされていた、浄水器のカートリッジを100個ほど仕入れて売ったことがあります。この時は、20個ほど仕入れて、それがなくなると(売れてしまうと)、また20個仕入れて帰ってくるという、リピート仕入れをしました。

こういう商品を見つけると、思わずニコニコしてしまいますね。新品せどりの醍醐味のひとつだと思います。

3.回転がはやい

そして、新品せどりの特徴として、「商品の回転が早い」というのがあります。つまり、出品した後、売れるまでの時間が短いのです。中古と比べると売れ足が早いです。

仕入れ資金の回収が早くできる為、キャッシュフローが安定します。新品せどり最大のメリットです。

※新品はすぐに売れるといっても、決して「何でも売れる」訳ではありません。ちゃんと需要のある商品ならば、中古に比べて、売れ足が早いという意味です。

例えば一例として、私が昨年12月19日に仕入れ(新品せどり)をしたのですが、

せどりは稼げないと言われるようになり久しいですが、2016年、年末の現在、そしてつづく2017年になってもせどりで利益が上げられるかどうかを、実践&検証します。今日は、新品のCD・DVDを仕入れて来ました。現状でも、場所を選べば仕入は問題なく出来そうですね。
2週間後の1月4日時点で、既に仕入れ資金を回収し、3万円強の粗利が出ています。
せどりは稼げない。ライバルが多すぎる。すでに飽和しているなどと言われて久しいですが、2017年現在でもまだ、稼ぐ事が出来るでしょうか?検証してみました。その結果を報告します。ジャンルは、新品のCD・DVDせどりです。
上に二つの記事で仕入れと売り上げの報告を行いましたので、ぜひ参考にして下さい。

デメリット

では今度は、新品せどりのデメリットや注意点について見てみましょう。それはすなわち、メリットの裏返しでもあるのです。

1. 仕入れの仕方によっては、リスクが伴う

先ほどは新品せどりのメリットとして、「複数まとめ買いができる。」ということをあげました。

ただこれ、失敗すると非常に痛いですよね。

例えば、100個まとめて買った商品が、突然アマゾンの相場が下がってしまい、全然売れなくなった、というような事態も起こらないわけではありません。

なので、その商品が、「必ず売れる・捌ける」という確信が得られないうちは、大量買いは避け、まずは2、3点購入し、「売れるかどうか様子を見る。」という慎重な姿勢が、必要だと思います。

2.仕入単価が中古よりは高い・利益率が低い

新品せどりは、中古せどりに比べると、利益率が低くなる傾向があります。

仕入れ先は、一般の店舗だったり、ネットショップになります。

皆さんもご存知の通り、普通のお店は、大抵の商品は定価や、10%割引などの価格で販売されていますよね。

よほどのことがない限り、80パーセントオフや、90パーセントオフ、などの価格で売られていることはありません。

そんな中から、仕入れをするわけです。

当然ながら、仕入れ価格は、中古のそれよりも高くなり、利益率も下がるという特徴があります。

どちらのせどりがおすすめ?

新品せどりと中古せどりの特徴とそれぞれのメリット・デメリットを、簡単に説明してみました。

すでにせどりに取り組んでいる方は、個人個人、各々の戦略や、スタイルがある程度確立されていると思いますので、

「これから初めてせどりにチャレンジするという方が、どちらに取り組んだほうが、成果が出やすいのか 」という視点で、私なりに考察をしてみたいと思います。

新品せどりの方が、やや始めやすい

両者それぞれ、メリットがあるため、一概にどちらが良いということは、正直言いまして、ありません。個人個人の適正や、好みの問題で、新品に向く人、中古に向く人、あるいは両方出来る人、それぞれいると感じます。

ただ、初心者が取り組みやすいのは、新品せどりの方だと思います。

せどりは、一つ一つは簡単でも、かなりたくさんの作業をこなさなくてはならない仕事です。

なので慣れないうちは、 「膨大な作業量が必要」というふうに感じてしまい、「せどりめんどくせえ」となって、挫折してしまう方が、一定数いらっしゃいます。

商品の検品とクリーニングは、かなり時間と労力がかかる部分なので、それが必要のない新品せどりは、中古せどりよりも、 取っかかりとしては、敷居が低いのです。

Amazon に出品する際にも、中古商品の場合は、その状態について「外箱あり。商品は、若干の傷やスレはありますが、概ね綺麗な状態です。」

などと、1品ごとに適切な説明をくわえなくてはなりません。

これが新品商品の場合、「新品未開封商品です。」という1文を、何も考えずにコピペすればいいので、非常に楽です。

それらの事を考えますと、私が、これからせどりを始める皆さんに、最初にオススメするのは、「新品せどり」ということになります。

もちろん、「私は中古が好きだから中古から始めたい。」という方は、中古から始めても全然オーケーです。 しっかりとやる事をやれば、どちらでも、問題なく稼げると思います。

そして、「まずは実際にやってみる。」 「あまり難しく考えずに、とりあえず行動してみる。」というのも、 ありかなと思います。 少しずつ、色々な経験を積む中で、あなた独自のせどりスタイルが築かれていくと思います。

まとめ

今後も、「せどりを始めてみようかな。」と考えている皆さんに向けて、参考になる記事を書いていこうと思います。

そして、「せどりをやっているけど、いまいち成果が出ない。」という皆さんにも、
アシストができたらいいなと考えております。

せどりの手法・仕入の方法(テクニック)

せどりにおいて、最重要なのは「仕入れ」です。

良いものを仕入れる事さえ出来れば、あとは丁寧に確実に
作業を進めればよいだけ、勝負にほぼ「勝った」とまで
言えると思います。

こちらの記事では、せどりの基本的な仕入の方法をジャンル別に分けながら、
説明してみました。

せどりには、色々な種類、ジャンルがあります。 「○○せどり」などという形で非常に多くの名前がつけられていますね。 今日は、それら...
お時間がある時にでも、ぜひご覧下さい。
それではまた。せどり大好き、ゆうがお伝えしました。

スポンサーリンク
sedoribig
sedoribig

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする