せどりは終わった。「もう稼げない」は本当か?~実践して検証してみる(せどり実践2016年~2017年)

スポンサーリンク
sedoribig

せどりは売れない?稼げない?

こんばんは!ゆうです。よくネットで「せどりはもう終わったよね。もう稼げないよね。」という意見を見ます。

ちなみに、私がせどりを始めた2009年当時も「せどりはもう稼げない。ライバル多過ぎる。」などと言われておりました。

古代エジプトの遺跡からみつかった書簡には「最近の若者はけしからん・・・」といったご老人の愚痴が書かれていたとか・・・。

ひょっとしたら、300年後の未来のせどらーも、「せどりはもう稼げない。」と愚痴っているかもしれません。そして、今現在、21世紀の私たちの「せどりはもう終わった。稼げない。」などというネットの落書きを見つけて、「300年前から、せどり稼げないんかい!」と笑ってしまうかもしれませんね。

まあ、せどりという言葉が、300年後にも残っているかどうかはわかりませんが、少なくともせどり(転売)という、商売行為は、この世にお金というものが存在する限り、なくなることはないでしょう。

「ちょっと待って!そもそもせどりって何?」という方は、こちらの記事をご覧ください。

せどりとは何か?その説明と解説をわかりやすくお届けします。その歴史や、せどりの種類、現在の状況や、「なぜ、せどりで利益がでるのか」という疑問に答える内容となっています。

はい。せどりは稼げます!

せどりが稼げるという事実、実は、私はとてもよく知っています。

なぜなら、自分自身がせどりで利益を出していたからです。

いわゆる専業として、 5年ほどせどりを行っていましたので、少なくとも私と家族が生活できるだけの利益は、せどりであげられます。

1年半の休業

実は私は、ここ1年ほどせどりを休業していました。

その間、思い切って別業種にチャレンジをしていました。

こちらの方は、当初の予定より随分時間がかかり、最近になってようやく利益が出るようになりました。せどりと比べると、恐ろしいほど時間がかかりました。
ただ有難いことに、こちらの業種は、一旦軌道に乗り始めると、後はそれほど手がかかりません。そこで私は、しばらくの間休んでいたせどりの研究と実践を、再開してみようと思ったのです。

2016年そして、つづく2017年現在、せどりは稼げるのか?

私の場合、2015年の休業直前までは、確かにせどりで稼ぐことができました。

しかしこの1年半は、せどりから遠ざかっていました。

なので、2016年12月の今現在の状況で、せどりは稼げるのかどうか、

また続く2017年は、せどりで利益が上げられるかどうか?

正直なところわかりません。

せどりの主な販売先である、 amazon は、その変化のスピードが非常に早く、あっという間に状況が目まぐるしく変わることもあります。

仕入先も同じです。昨日まで何の問題もなく仕入れられた店舗が、ある日を境にまったく仕入れられなくなる。そのような体験をしたことは、一度や二度ではありません。

そこでせどりを取り巻く状況が、この1年半でどのように変化したのかをリサーチして、大きな変化を発見したら、それをここで記事にしてみようと思います。

今現在、せどりは稼げるのか?実践&検証してみる事にしました

まさに今現在、「せどりは稼げるのか?」

私はこれを、実践&検証してみることにします。

そしてその結果を、このブログでお伝えできればいいなと思っています。

さらに、できればそのノウハウというか、テクニックのようなもの。

巷に出回っているものでありがちな、「一昔前はこれで稼げたんだけど、今はもう通用しないんだよね。」という、過去の手法ではなく、

今まさに、自分が使っていて、稼ぐことのできる実践的なやり方をちょっぴり書けたらいいなと考えています。

もちろん、現状が厳しく、せどりで利益を上げることができなかった場合は、その事実をしっかりとこのブログで報告したいと思います。

出来れば、ちゃんと稼いでいる姿を皆さんにご報告したいものです。

追記:さっそくですが、仕入に行ってきました。その様子はこちらの記事からどうぞ

せどりは稼げないと言われるようになり久しいですが、2016年、年末の現在、そしてつづく2017年になってもせどりで利益が上げられるかどうかを、実践&検証します。今日は、新品のCD・DVDを仕入れて来ました。現状でも、場所を選べば仕入は問題なく出来そうですね。
スポンサーリンク
sedoribig
sedoribig

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする